[消防設備士3類トップ] [管理用]

消防設備士乙種3類に資格挑戦 〜 第3類消火設備 Q1


 


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 3868人中2851人正解 (正答率73.7%)

指定可燃物を貯蔵し、または取り扱う防火対象物に設けられる全域方式の二酸化炭素消火設備の噴射ヘッドについて正しくないものはどれか。

  1. 通信機器室の防護区画の体積1m3当り1.2kgの消火剤を、5分以内に放射できるものであること。
  2. 再生資源燃料に係るものでは、防護区画の体積1m3当り2.7kgの消火剤を、 7分以内に放射できるものであること。
  3. 木材加工品または木くずに係るものでは、防護区画の体積1m3当り2.0kgの消火剤を、 7分以内に放射できるものであること。
  4. 合成樹脂類(不燃性又は難燃性でないゴム製品、ゴム半製品、原料ゴム及びゴムくずを除く。)に係るものでは、防護区画の体積1m3当り0.75kgの消火剤を、 7分以内に放射できるものであること。